2009年11月号

近未来トレンド一〇選

マッキンゼーが予測する

エリック・ベインホッカー

エリック・ベインホッカー

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート シニア・リサーチャー

イアン・デイビス

イアン・デイビス

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート シニア・リサーチャー

レニー・メンドンカ

レニー・メンドンカ

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート 会長 兼マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

一部のビジネス・リーダーたちは、今回の不況は一時的な景気後退にとどまらず、これまでの企業慣行や経済システムを一変させるのではないかと感じている。マッキンゼー・アンド・カンパニーは、この直感的疑問に答えるべく、この不況によって何が変わり、何が変わらないのかを予測した。 1)競争力のカギは「資源生産性」 2)グローバリゼーションへの干渉 3)「脱」株主価値が信頼回復の早道 4)拡大する政府の影響力 5)再考「経営の科学」 6)消費パターンの変容 7)アジアは健在である 8)不況はチャンス 9)イノベーション投資を死守せよ 10)デフレ、そしてインフレ

エリック・ベインホッカーマッキンゼー・グローバル・インスティテュート シニア・リサーチャー

イアン・デイビスマッキンゼー・グローバル・インスティテュート シニア・リサーチャー

レニー・メンドンカマッキンゼー・グローバル・インスティテュート 会長 兼マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:18ページ[約6,510KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない