2009年11月号

二〇一三年のアメリカ

金融史から予測する

ニーアル・ファーガソン :ハーバード大学 教授

ニーアル・ファーガソン

ハーバード大学 教授

二〇〇八年九月一五日のリーマン・ブラザーズの破綻によって表面化した金融危機は、アメリカ経済の将来にどのような影響を及ぼすのだろうか。大著『憎悪の世紀』を著した経済史研究家ニーアル・ファーガソンが、今回の不況を「一八七三年恐慌」になぞらえたシナリオを描き、二〇一三年のアメリカを占う。

ニーアル・ファーガソンハーバード大学 教授

PDF論文:15ページ[約4,418KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない