2015年3月号

「ガラス張りの職場」に潜む罠

4つの境界線の活用方法

イーサン・バーンスタイン :ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

イーサン・バーンスタイン

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

オフィスのレイアウトから業務の進捗状況まで、さまざまな場面で「透明性」が求められている。透明性を高めることは、無駄の排除や協働を促進する半面、業績向上には他人の目や干渉から自由になれる「プライバシー」も必須だということが研究からわかってきた。プライバシーと透明性のバランスが取れている組織は4種類の境界線を用いて、開放的な職場環境のなかに、プライバシーを確保するゾーンを設けている。本稿では、4つの境界線の活用方法と、その効果について論じていく。

イーサン・バーンスタインハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF論文:13ページ[約3,291KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない