2015年3月号

オフィス改革とはコミュニケーション改革である

メンバーが支援し合う関係を醸成できるか

中原 淳 :東京大学 大学総合教育研究センター 准教授

中原 淳

東京大学 大学総合教育研究センター 准教授

人材開発の観点から見ると、オフィスは従来以上に重要な意味を持つようになっている。高度情報化の進行や、仕事の専門分化により、メンバー間のコミュニケーションが阻害されやすくなっているからだ。オフィスという「物理的スペース」が仕事や能力形成に与える影響は、従来より大きくなっているはずである。その意味でオフィス改革は意味あるものだが、単なるスペースの改革に留まっていては、本来期待すべき効果は得られないだろう。

中原 淳東京大学 大学総合教育研究センター 准教授

PDF論文:9ページ[約852KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない