2012年10月号

【インタビュー】脳科学が明かす言語習得のメカニズム

人はいかにして言語を身につけるのか

酒井 邦嘉 :東京大学 教授

酒井 邦嘉

東京大学 教授

人はいかに言語を身につけるか。この命題には2つの考え方があり、激しい論争が続けられている。それは、「学習モデル」としての後天説と、「獲得モデル」としての生得説である。 古典的な後天説では、赤ちゃんは保護者から受ける刺激に対する反応として発話すると考える。他方の生得説では、言語は赤ちゃんの発達過程で自動的に獲得される能力であって、生まれながらにして備わっていると考える。生得説を主張したのが、アメリカの言語学者ノーム・チョムスキーであり、言語学の世界に革新をもたらした。 この生得説である獲得モデルに従えば、人はどのようなプロセスで言語を獲得するのであろうか。また外国語の習得は、母語の習得と同じプロセスなのであろうか。日本を代表する言語脳科学者に、言語習得のメカニズムを聞く。

酒井 邦嘉東京大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない