ベンチマークとなる
グローバルなメガベンチャーが必要だ

石倉 先ほど「起業する以上は、メガベンチャーを目指すべきだ」とおっしゃいましたが、私もかなり前に、オンラインのコラムで「日本のベンチャーはなぜ小粒なのか」と書いたことがあります。シリコンバレーからもコメントが来たのですが、そのとき思ったのが、「世界を変えるなんて、ほら吹きでなければできない」ということ(笑)。実はベンチャー・ブームとは言いながらも、「世界を変える」といってしまうクレージーな人はあまりいなかった。

徳重 頭がいい人ほど、自分の実力を知って、自分ではできるはずがない、と決めてかかり、「世界を変える」など、突拍子もないことをいいません。何としてもやる、という信念や使命感が加わらないと「世界を変えるメガベンチャーになる」なんて宣言できません(笑)。
 しかも自分が金持ちになるためだけにやるのならば、本気で信念を語ることはできないし、人もついてこない。一緒にやってくれるパートナーとか協力者も現れないでしょう。だから大企業が、「グローバル化に本気で取り組まないといけない」と考えたとしても、実行するにはスピード感を目茶苦茶に速めるとか、不確実性が高くても取り組むなど、必然的に自らの体質が問われることになるのです。これは私自身が大企業にいたのでよく分かりますが、大企業はやはりできないのです。

石倉 大企業はどこも可能性がない、ということでしょうか。

徳重 一部、グローバル化を進めている富士フイルムやセブン‐イレブンのような取り組みがありますが、そこには優れた経営者の決断があります。大企業のほとんどにとって、グローバル化はリスクにほかならず、リスクをとらない人が出世しているのですから、結果的にグローバル化に対応できない。大企業にはそんなに期待できません。

石倉 とはいえ、現地企業が日本の大企業に期待するものもあるでしょう。

徳重 確かに日本企業への信頼は高いのですが、現地では、そういうプラスの面を打ち消すマイナスも認識されています。つまりスピード感がない、意思決定ができない、どうしたいのかがよく分からない、といったものです。現地に派遣したスタッフが日本に帰ってくると、「リスクがある」「これがリスクだ」と騒いでいて、とにかく新興国につきもののリスクを潰さないと一歩も前に進まない。
 ところが現地にいると、リスクという言葉は出てきません。リスクではなく、機会。「早く実行しないと、この機会を誰かに奪われてしまう」という感じです。そうなると、日本の大企業と肌感覚が合うわけがない。だから日本企業は、「NATO」と揶揄されます。“No Action, Talk Only”ですよ。そういうところに、僕らが突っ込んでいっているのです。

石倉 日本企業もかつては、「リスクがああだ、こうだなんて言ってないで、成長の可能性があれば、それをどうつかまえるかだ」という考え方をしていました、それが失われてしまったのでしょうか。

徳重 やはり、メンタリティの問題だと思っています。日本人は、エリート、優秀な人ほど当たり前のことしか言わない。私のように突拍子もないことを言ったり考えたりはしない。石倉さんも、多くのケースをご存じだと思いますが、個々人で見れば日本人は優秀です。でも殻を破れない。例えば野球なら、野茂やイチローが活路を開いたから「俺もやれる」と手を挙げる人が出てくる。サッカーならば、奥寺や三浦カズから始まり、今では上位選手の誰もがヨーロッパリーグを目指すようになりました。それなのに、ビジネス、特にベンチャーの世界では世界に勝負を挑む実践例がありません。殻を破るためのベンチマークも少ないわけで、我々はそのパイオニア、先駆となる覚悟です。