2009年12月号

フリードリヒ・ユリウス・シュタール 保守的国家論と歴史的発展

【一九三三年発表の幻の処女作】反ナチスの表明

P・F・ドラッカー

P・F・ドラッカー

この論考は、一九三三年、ドラッカーが二四歳の時に著した処女作である。しかしすぐさま、ナチスによって発禁処分とされた。なぜならナチスは、シュタールの学説をユダヤ神政主義として排除していたからである。ドラッカーはかねてより、ナチスの非合理的な政治思想の伸長を危惧しており、伝統的保守派の象徴であるシュタールを再評価することでナチスに異を唱え、自由と平和を第一義とするヨーロッパの基本的信条を訴えた。

P・F・ドラッカー

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない