2009年12月号

[新訳]日本の経営から学ぶもの

【一九七一年マッキンゼー賞受賞論文】欧米企業が抱える問題を解決する

P・F・ドラッカー

P・F・ドラッカー

コンサンサスに基づく意思決定、年功序列による終身雇用、変化を容認する労働者気質、継続的かつ広範な社員教育、若年層をマン・ツー・マンで鍛え上げる徒弟制度──。こうした日本独特の文化や制度は、この二〇年間における日本の経済成長の大きな要因であると考えられる。そしてこれらのなかに、欧米の経営者が抱える大きな問題を解決するヒントが含まれている。

P・F・ドラッカー

PDF論文:18ページ[約2,773KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない