2015年2月号

グローバル化の秘訣はイスラエル企業に学べ

【グローバル】多国籍企業と地元企業が不在の「中間領域」を支配する

ジョナサン・フリードリッヒ

ジョナサン・フリードリッヒ

シャルドー バイス・プレジデント

アミット・ノーム

アミット・ノーム

シャルドー シニア・コンサルタント

エリー・オフェック

エリー・オフェック

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

成熟した国内市場に留まっていても、もはや成長を期待することはできない。そのため、多くの企業が海外進出を考えるが、そこでは2つの競争相手が立ちはだかることになる。一つは資金力で勝る多国籍企業、もう一つは現地に最適化する地元企業だ。海外展開の上では、彼らも満たせない「中間領域」にある消費者ニーズをつかむことが不可欠だが、なぜか多くのイスラエル企業がそれに成功している。本稿では、中間領域を特定する方法を提示したうえで、その支配権を握るための3つの戦略が明かされる。

ジョナサン・フリードリッヒシャルドー バイス・プレジデント

アミット・ノームシャルドー シニア・コンサルタント

エリー・オフェックハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:9ページ[約1,010KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない