2009年12月号

大企業の使命

【一九六二年マッキンゼー賞受賞論文】企業と経営者は「社会機関」である

P・F・ドラッカー

P・F・ドラッカー

本稿が発表されたのは一九六二年だが、その前年である六一年、アメリカ産業界ではおよそ賢明とは言いがたい行動が散見された。そこでドラッカーは、大企業とその経営を預かる経営者は、もはや一組織の利益だけを追求する「経済機関」ではなく、社会と国民に貢献する「社会機関」であるとあらためて主張し、アメリカ社会が大企業とその経営者たちに期待する使命と役割、そして国民の多くが疑問視している問題について解説する。

P・F・ドラッカー

PDF論文:18ページ[約3,126KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない