2015年2月号

コーチングが必要な困ったリーダーたち

【メンタル・ヘルス】職場環境はリーダー次第

マンフレッド F. R. ケッツ・デ・ブリース :INSEAD 教授

マンフレッド F. R. ケッツ・デ・ブリース

INSEAD 教授

職場環境がよくなるのも悪くなるのも上に立つ人間次第だが、そこにはリーダー自身のメンタル・ヘルスの状態も関わってくる。リーダーが精神的に安定していれば、部下も安心して仕事に取り組めるが、メンタル・ヘルスに不安を抱えていると、事業計画や対人関係、さらには制度や仕組みにも悪影響を及ぼす場合がある。INSEADで教鞭を執る傍ら、心理分析家として多くの企業でエグゼクティブ・コーチも務めている筆者が、エグゼクティブによく見られがちな4つの精神的病理を取り上げ、その心理を分析し、対処法を解説する。

マンフレッド F. R. ケッツ・デ・ブリースINSEAD 教授

PDF論文:13ページ[約2,057KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない