2015年2月号

【2014年版】世界のCEOベスト100

業績データのみで決定する

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編

多くの経営者に向けられる手厳しい批判といえば、「長期的視野をまったく持ち合わせていない。報酬をつり上げたいがために、短期的目標の達成に汲々としている」というものだ。では、世界中のCEOのうち、だれが着実に長期的な結果を出しているのか。その点について、TSR(総株主投資利回り)と時価総額の変化という客観的尺度から答えを出したのが、本稿で紹介されるこのランキングである。第1位にはアマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスが輝いた。日本からは柳井正、御手洗冨士夫の両氏がランクインしている。

PDF論文:23ページ[約1,667KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない