2015年2月号

個人に頼らず組織の目標を達成する法

「条件」をつけるだけで達成率は変わる

ハイディ・グラント・ハルバーソン :コロンビア大学ビジネス・スクール モチベーション・サイエンス・センター 共同ディレクター

ハイディ・グラント・ハルバーソン

コロンビア大学ビジネス・スクール モチベーション・サイエンス・センター 共同ディレクター

チームや組織が実際に達成できる目標を設定するには、何をすべきかを明確にするだけでは足りない。それをどう実現させるかを具体的に定めることも必要である。グループの目指すべきものを的確に表現し、実行に移すには、モチベーション科学の専門家が呼ぶところの「条件をつけた計画」(if-then planning)を活用することが効果的だという。本稿では条件付けの効果と、組織が目標を実行するために、いかに条件を設定すべきかについて論じる。

ハイディ・グラント・ハルバーソンコロンビア大学ビジネス・スクール モチベーション・サイエンス・センター 共同ディレクター

PDF論文:10ページ[約811KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない