2006年6月号

競合に転じつつあるサプライヤーといかにつき合うべきか

台湾ODMの野心、委託メーカーの懸念

ブルース・ K・ リッグス

ブルース・ K・ リッグス

ゲートウェイ シニア・バイス・プレジデント

バリー・ C・ リン

バリー・ C・ リン

ニュー・アメリカン・ファウンデーション シニア・フェロー

王 東昇

王 東昇

京東方科技集団 董事長兼CEO

ポール・ ギャフニー

ポール・ ギャフニー

ステープルズ バイス・プレジデント

黄 明恵

黄 明恵

国立台湾大学管理学院 資源管理学系研究所 教授

世界第3位のアメリカ電子機器メーカー、USテックは、台湾のODM、タイソースに全面的に生産委託してきた。しかし、この両者の関係に暗雲が立ち込め始めた。USテックのポジションは、下位メーカーの台頭によって、ぐらつき始め、さらなる低コスト化を強いられつつあった。同社経営陣は、競合他社同様、その活路を中国に求めようと考えたが、タイソースとの長年の関係を重視する調達責任者は難色を示す。ところが、タイソースはこれまで培ってきた能力を開花させようとみずからブランドを立ち上げ、市場に打って出ようと企てている。さて、これまでの関係に微妙な変化が生じつつあるなか、USテックはどのような道を選択すべきだろうか。

ブルース・ K・ リッグスゲートウェイ シニア・バイス・プレジデント

バリー・ C・ リンニュー・アメリカン・ファウンデーション シニア・フェロー

王 東昇京東方科技集団 董事長兼CEO

ポール・ ギャフニーステープルズ バイス・プレジデント

黄 明恵国立台湾大学管理学院 資源管理学系研究所 教授

PDF論文:13ページ[約1,275KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない