2006年7月号

ドイツ、イノベーションの源流

歴史から読み解く

坪井 賢一 :『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 発行人

坪井 賢一

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 発行人

ドイツ経済のイノベーションの火は消えかかっているという。2%に届かないGDP成長率、10%を超える失業率、増える高齢人口など明るい材料よりも、先行きに不安を抱かせる話ばかりが目につく。実際、多くのドイツ企業がコスト削減に走り、産業界全体が縮み志向にある。しかしドイツは、周辺諸国の地が交わりながら発展を遂げてきた、まさにイノベーションの地であった。いまその歴史をひもとく。

坪井 賢一『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 発行人

PDF論文:8ページ[約1,466KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない