2009年12月号

ドラッカーに学ぶべきこと

彼が生きていたら、何を語るだろうか

ロザベス・モス・カンター :ハーバード・ビジネススクール 教授

ロザベス・モス・カンター

ハーバード・ビジネススクール 教授

今回の世界同時不況をもたらした金融業界の体質、地球温暖化などの環境問題、第一世界と第三世界の相克など、いまドラッカーが生きていたら、いったい何を述べるだろうか。HBR誌の編集長として、ドラッカー自身そして彼の著作と向き合ってきた数少ない経営学者である筆者が、ドラッカー生誕100年に当たり、ドラッカーの英知を、どのように今後の指針とすべきかについて語る。

ロザベス・モス・カンターハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:9ページ[約1,979KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない