2010年1月号

競争力の処方箋

「産業コモンズ」の再構築がカギ

ゲイリー・P・ピサノ

ゲイリー・P・ピサノ

ハーバード・ビジネススクール 教授

ウィリー・C・シー

ウィリー・C・シー

ハーバード・ビジネススクール 教授

IT革命が起こり、今回の金融危機が訪れるまで、アメリカ経済は繁栄を享受してきた。しかし、それはバブルであり、その間、アメリカ製造業、とりわけハイテク産業の競争力が蝕まれていた。現在、次世代技術やそれを用いた製品の開発において、完全にアジア勢に後れを取っており、キャッチアップすら難しい。何よりアウトソーシングがその元凶であった。なぜなら、アメリカ国内に多数存在していた「産業コモンズ」、すなわちイノベーションの源泉である技術や知識の集積が、他国に移転してしまったからである。アメリカ経済が復活するには、イノベーション立国を目指して、産業コモンズの再構築に取り組む必要がある。

ゲイリー・P・ピサノハーバード・ビジネススクール 教授

ウィリー・C・シーハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:20ページ[約1,581KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない