2015年1月号

ナイキのCSR活動:取締役会が果たす5つの役割

社会的責任委員会はどう対処したか

リン S. ペイン :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

リン S. ペイン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

1990年代後半に起こったアジアの下請け工場の労働問題。ナイキがこれを契機に社会・環境問題に真摯に向き合ってきたことはよく知られているが、取締役会のこの問題に対する取り組み、そして取締役会に設けられた社会的責任委員会が、問題解決に大きな役割を果たしてきたことはあまり知られていない。本稿では、取締役会と社会的責任委員会の働きに注目し、CSRや持続可能性の実現のうえで、取締役会が果たすべき責務について考える。

リン S. ペインハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,417KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない