2015年1月号

CSVは企業の競争優位につながるか

新たな企業観の行方

岡田 正大 :應義塾大学大学院 教授

岡田 正大

應義塾大学大学院 教授

CSVを提唱したマイケル・ポーターが2011年に発表した論文「共通価値の戦略」には、実はいくつかの矛盾が存在する。しかし、たとえ論文自体に曖昧さが残ったとしても社会的価値と経済的価値の両方を追求するほうが、企業の統合的価値も大きくなると岡田正大氏は指摘する。従来の株主価値の向上を目的とする企業の前提を見直すべきか。企業観自体を問い直すべきか。過去の文献などをひも解きながら、CSVが企業戦略論に与える影響とその可能性について論じていく。

岡田 正大應義塾大学大学院 教授

PDF論文:16ページ[約1,989KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない