2015年1月号

世界一の企業を目指すならCSVは当然である

【インタビュー】収益性と成長性ある長期戦略を実現するために

柳井 正

柳井 正

ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長

名和 高司

名和 高司

一橋大学大学院 教授

2011年、ファーストリテイリングはグラミン銀行グループと共同し、最貧民国の一つであるバングラデシュに「グラミンユニクロ」を設立した。このプロジェクトを先導したのが、同社代表取締役会長兼社長の柳井正氏である。グローバルに展開するうえでCSV(共通価値の創造)は当然の取り組みであり、ビジネスそのものがCSVであるべきだと柳井氏は語る。世界一を見据えた、ファーストリテイリングの長期戦略とは何か。一橋大学大学院で「CSVフォーラム」を主催する、名和高司教授が聞く。

柳井 正ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長

名和 高司一橋大学大学院 教授

PDF論文:9ページ[約1,592KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない