2010年1月号

大野耐一の言葉

トヨタ生産方式の生成

下川 浩一

下川 浩一

法政大学 名誉教授 東海学園大学 特任教授

藤本 隆宏

藤本 隆宏

東京大学 教授

筆者らは1984年、大野耐一にインタビューし、トヨタ生産方式が生まれてきた経緯、この生産システムの目的について聞いた。大野はそのインタビューのなかで、豊田喜一郎が唱道したジャスト・イン・タイムの考え方からかんばん方式が生まれるまでのエピソードについて語っている。特に豊田紡織時代の原体験が生産システム改革のアイデアとなり、ここに豊田佐吉と喜一郎の思想を反映させたこと、戦後の混乱期のなかで業務の標準化に取り組み、また生産の平準化を試みていたことなどが注目される。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない