2010年1月号

[抄録]トヨタ生産方式

脱規模の経営を目指して

大野 耐一 :元 トヨタ自動車工業 副社長

大野 耐一

元 トヨタ自動車工業 副社長

「ムダとムラとムリ」を徹底的に追放するトヨタ生産方式は、「必要なものを、必要な時に、必要な量だけ」を実現するシステムである。大野は、『トヨタ生産方式』(ダイヤモンド社)を執筆した動機について、「量的拡大による生産性向上ではなく、厳しい低成長時代にも人間の努力と工夫によって、コスト・ダウンを達成できるという、一つの見本を示したかった」と述べているが、その根幹には、ものづくりは「売れるものを、必要とされる時に、必要数だけ生産する」ことに尽きるという信念がある。目先のコストと効率を追求してきた結果、先進国の製造業が弱体化しているなか、大野耐一のものづくり哲学について再考する。

大野 耐一元 トヨタ自動車工業 副社長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない