2010年1月号

大野耐一 ものづくりの求道者

品質をトヨタの哲学に組み込んだ

ダニエル・A・レン

ダニエル・A・レン

オクラホマ大学 名誉教授

ロナルド・G・グリーンウッド

ロナルド・G・グリーンウッド

元 ウィスコンシン大学 教授

大野耐一が発明したトヨタ生産方式の原点は、トヨタの伝統である「現地現物」主義、豊田佐吉の「自働化」、豊田喜一郎が唱えた「ジャスト・イン・タイム」にあるといわれるが、他方、ヘンリー・フォードの「流れ作業方式」、「科学的管理法の父」フレデリック・F・テイラーの「時間研究」、リリアン・ギルブレイスとフランク・ギルブレイス夫妻の「動作研究」などにも、大きな影響を受けている。大野耐一の人物像とトヨタ生産方式が生み出された経緯について概説する。

ダニエル・A・レンオクラホマ大学 名誉教授

ロナルド・G・グリーンウッド元 ウィスコンシン大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない