2014年11月号

そのとき、福島第二原発で何があったか

【リーダーシップ】不測の事態で発揮されたセンスメーキング

ランジェイ・ガラディ

ランジェイ・ガラディ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

チャールズ・カスト

チャールズ・カスト

アメリカ原子力規制委員会 シニア・エグゼクティブ

シャーロット・クロンティリス

シャーロット・クロンティリス

ライター

東日本大震災では未曾有の不測の事態を迎えた。福島第一原発がメルトダウンとなり、そこから10km離れた福島第二原発も危機的状況を迎えていた。しかし、第二原発では、原子炉内の最大圧力が基準値を超えると予測された2時間前に、冷却システムの復旧に成功する。最大の危機を乗り越えることができた裏には、どのようなリーダーシップが発揮されたのか。そこには、組織理論学者のカール・ワイクが言う、不測の事態で必要とされるセンスメーキングが発揮されたことがうかがえる。増田尚宏所長(当時)へのインタビューや、数々の公的な情報源による詳細な報告書を確認したうえで、当時の状況を本誌で再現する。

ランジェイ・ガラディハーバード・ビジネス・スクール 教授

チャールズ・カストアメリカ原子力規制委員会 シニア・エグゼクティブ

シャーロット・クロンティリスライター

PDF論文:9ページ[約2,377KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない