2010年3月号

あえて闘うべき時 協調や譲歩は本当のチームワークではない

なぜリーマン・ブラザーズは危機を回避できなかったのか

サジュ=ニコル・A・ジョニ

サジュ=ニコル・A・ジョニ

ケンブリッジ・インターナショナル・グループ 創業者兼CEO

デイモン・ベイヤー

デイモン・ベイヤー

ブーズ・アンド・カンパニー シニア・エグゼクティブ・アドバイザー

リーマン・ブラザーズは二〇〇八年秋に破綻したが、筆者らは「協調の文化」がその原因の一つであると指摘する。組織で賢く生きるには、互いに協調・協力し、時には譲歩し、反論や異論を慎むべきである、というのが社会の知恵である。しかし筆者らは、協調しながら競い合い、時には対立し、それが落着すれば、再び協力する関係こそ真のチームワークであり、協調のスキルだけでなく、「戦うべき戦い」のスキルを身につけることが必要だと訴える。本稿では、バーリントン・ノーザン鉄道の改革、ジャック・ウェルチの後継者争い、キャンベルの再生、ユニリーバのマトリックス組織の変更などの例から、戦うべき戦いのリーダーシップ・スキルを学ぶ。

サジュ=ニコル・A・ジョニケンブリッジ・インターナショナル・グループ 創業者兼CEO

デイモン・ベイヤーブーズ・アンド・カンパニー シニア・エグゼクティブ・アドバイザー

PDF論文:14ページ[約1,720KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない