2014年11月号

ピクサー流 創造性を刺激する組織のつくり方

【インタビュー】成功を計画し、早めに失敗を起こす

エド・キャットムル :ピクサー・アニメーション・スタジオ 共同創 設者 ピクサー・アニメーション/ディズニー・アニメーション 社長

エド・キャットムル

ピクサー・アニメーション・スタジオ 共同創 設者 ピクサー・アニメーション/ディズニー・アニメーション 社長

『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』……ピクサーはコンピュータ・アニメーションの世界を切り開き、以降、着実にヒットを積み重ねてきた。そして2006年、提携関係にあったウォルト・ディズニー・カンパニーに買収される。当時のディズニーは長年にわたりスランプ状態にあり、エド・キャットムルとジョン・ラセター、2人のピクサー創設者たちに再建が託された。そして、創造する力を取り戻したディズニーが、『アナと雪の女王』で世界的ヒットを飛ばしたことは、記憶に新しい。実のところ、どうやって創造する組織をつくり上げていったのか。マネジメントとしてなすべきことは何か。新刊Creativity, Inc.(邦題『ピクサー流 創造するちから──小さな可能性から大きな価値を生み出す方法』ダイヤモンド社)を著したエド・キャットムルに聞いた。

エド・キャットムルピクサー・アニメーション・スタジオ 共同創 設者 ピクサー・アニメーション/ディズニー・アニメーション 社長

PDF論文:9ページ[約1,950KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない