2010年4月号

「発明資本市場」の誕生

未活用の発明や特許をビジネスに変える

ネイサン・ミアボルド :インテレクチュアル・ベンチャーズ CEO兼共同設立者 元 マイクロソフト CTO

ネイサン・ミアボルド

インテレクチュアル・ベンチャーズ CEO兼共同設立者 元 マイクロソフト CTO

発明の取引市場をつくる──。このような思いから、元マイクロソフトのCTOと科学者の二人は二〇〇〇年、発明資本会社インテレクチュアル・ベンチャーズを立ち上げた。この発明資本会社が産業として確立されれば、ベンチャー・キャピタルやプライベート・エクイティ会社の場合と同じく、潜在価値が高いにもかかわらず、これまで放置されていた発明の世界に、効率的な市場が生まれ、イノベーション活動に大きく貢献するだろう。その道程はけっして平坦ではないが、着実にその歩みを進めており、早晩、あらゆる産業と国々に成長をもたらす一大産業になると見込まれている。

ネイサン・ミアボルドインテレクチュアル・ベンチャーズ CEO兼共同設立者 元 マイクロソフト CTO

PDF論文:15ページ[約1,425KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない