9.11で就職に苦戦する学生を支援
院長みずから経営者に採用を直談判

――ディーンに就任されてからは、どのような活動をされていたのですか。

鳥山 前任のジェイコブスがすごい大物で、ビジョンを次から次へと出していたので、ほぼその路線を踏襲していたようです。ジェイコブス時代の四大施策である「global perspectives」(グローバルな視点)と「leadership and social responsibility」(リーダーシップと社会的責任)「intellectual depth」(深い知性)「experiential learning」(経験学習)を推進していました。

 例えば、グローバルな視点。世界中のいろいろなビジネススクールと提携関係を結んでたくさんの学生を送り出し、その結果、多くの学生が交換留学で入学してきました。ケロッグの先生がその国に教えにいくこともあり、世界的なネットワークをつくっています。

 香港のHKUST(香港科技大学)や、今度学長になったタイのチュラロンコン大学のSASIN(サシン)。それから、イスラエル、ドイツなどの話はよく聞きましたね。ジェイン先生は、ケロッグでは初めて、アメリカ生まれではないディーンでした。そのため、グローバリゼーションだったら俺だろうという自負もあったのではないかと思います。

 ディーン時代にお会いしたときは、これからは思想をリードするようなリーダーシップが大事であるということを力説していました。また、学際的な教育も強調していましたね。というのも、今でも殆どがそうですが、当時のビジネススクールは縦割りで、マーケティング・デパートメント(研究科あるいは専攻科など)はマーケティング・デパートメントだけでカリキュラムを開発し、その他のデパートメントも、それぞれみずからの分野だけでカリキュラムをつくっていたのです。

 学際的な共同研究をすることよって何が起こったかというと、たとえばファイナンスとマーケティングの境界で、マーケティングROIを計算するという領域が新たに生まれてきました。オペレーションとマーケティングのあいだでは、サプライチェーンマネジメントが生まれています。ブランドマネジメントでも、実際に必要なスキルはアカウンティングのスキルだったりしますからね。

 本当は学際的な教育が必要にもかかわらず、仕組み上、それがうまくなされていなかったことに対して強い問題意識を持っていました。その後の報告は聞いていませんが、当時、マーケティングの先生とアカウンティングの先生との共同で一つのクラスを開発したというようなことを言っていましたね。

――ケロッグのディーン時代で、ジェイン教授らしいエピソードはありますか。

鳥山 就任時のエピソードは特徴的です。彼の就任は2001年9月11日、同時多発テロが起こった日です。これは聞いた話ですが、慌てて原稿を書き直してスピーチをしたそうです。現実問題としても、「9.11」によってどの企業も採用を控え、2002年の就職戦線は大変なことになりました。そのときジェイン先生は、ケロッグの卒業生である経営者や採用責任者を直々に企業訪問して、学生の就職を頼み込みました。

 そんなのはディーンの仕事じゃないという批判もあったようですけど、彼がそれを行ったおかげで、2002年のトップスクールの就職戦線では、ケロッグが独り勝ちになったと聞いています。在任中のランキングも優秀で、だいたい1位から3位くらい、5位に滑り落ちてもすぐ返り咲くという感じだったと思います。

 彼の経歴で特筆すべきところは、トップ・ビジネススクールでは初めての外国生まれのディーンだったということ。また、フランスのINSEADが、ディーンとしてはこれまた初めて、アメリカの有名校のディーン経験者を引き抜いたということです。彼がいかに優秀で、また人格的にも一目置かれていたかがわかると思います。

 ジェイン先生は、この7月にタイのサシンの学長に就任しました。今回、サシンの学長としてどんな話をするのか興味はつきません。個人的にもぜひお話したいと思っていますので、「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2014」をいまから楽しみにしています。

 

【編集部からのお知らせ】

9月24日・25日の二日間、世界中からマーケティングの巨星が結集!

ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2014

日程:2014年 9月24日(水)10:00~18:45(予定)
       9月25日(木)9:30~17:40(予定)
会場:グランドプリンスホテル新高輪「北辰」
登壇:フィリップ・コトラー、デビッド・アーカー、アル・ライズ、ドン・シュルツ、高岡浩三(ネスレ日本代表取締役社長兼CEO)、新浪剛史(サントリー顧問 10月1日サントリーホールディングス株式会社CEO就任予定)、吉田忠裕(YKK代表取締役会長)、魚谷雅彦(資生堂代表取締役執行役員社長)ほか。
申込:お申し込みはこちらから。
   ※DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー定期購読者は定価の25%オフ
詳細http://worldmarketingsummit.jp/