ベンチャー経営と雀荘通い、ともに大学に通わなかった学生時代

入山 その辺は、アメリカのPh.D.のほうがおもしろいかもしれない。もともと経営学をやっている必要はまったくないんですよ。僕は日本でまったく経営学を勉強せず、経済学をやっていました。

琴坂 将広(ことさか・まさひろ)
立命館大学経営学部 国際経営学科 准教授
慶應義塾大学環境情報学部卒業。在学時には、小売・ITの領域において3社を起業、4年間にわたり経営に携わる。 大学卒業後、2004年から、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京およびフランクフルト支社に在籍。北欧、西欧、中東、アジアの9ヵ国において新規事業、経営戦略策定のプロジェクトに関わる。ハイテク、消費財、食品、エネルギー、物流、官公庁など多様な事業領域における国際経営の知見を広め、世界60ヵ国・200都市以上を訪れた。
2008年に同社退職後、オックスフォード大学大学院経営学研究科に進学し、2009年に優等修士号(経営研究)を取得。大学の助手を務めると同時に、国際経営論の研究を進める。在籍中は、非常勤のコンサルティングに関わりながら、ヨットセーリングの大学代表選手に選出されるなど、研究・教育以外にも精力的に活動した。2013年に博士号(経営学)を取得し、同年に現職。専門は国際化戦略。
著書に『領域を超える経営学』、共編著に『マッキンゼー ITの本質』(以上、ダイヤモンド社)、分担著に『East Asian Capitalism』(オックスフォード大学出版局)などがある。

琴坂 入山さんは日本での修士も経済学でしたっけ?

入山 修士も経済学。僕は慶應義塾大学の経済学部でしたけど、学部生の1、2年生の頃なんて、まったく勉強していなかった。以前琴坂くんがTwitterで「学生はもっと勉強しなさい」って言っていたけど、僕も勉強しなかったんだよなって思って何も言えなかったし(笑)。

琴坂 ちなみに、私もまったく勉強しませんでした。立場が変わると「勉強しろ」って言いたくなるんです(笑)。

入山 なんだなんだ、そのときは「さすがだな」って思っちゃったよ。

琴坂 お前が言うなってことですよね(笑)。

入山 立場が変わると言いたくなっちゃうことはあるよね。僕はいま早稲田大学でMBAを教えていてよかったと思う。彼らの多くは社会人学生だから自然と勉強するんですよ。勉強するためにお金を払ってきているわけだから。自分が勉強してないことを棚に上げて「勉強しろ」と言わなくていい立場で安心しています。

琴坂 私は、学生時代は会社を興していました。そのときの会社の仕事と、大学の学びがある程度はつながっていたとは言えますけど、とくに最初のほうはほとんど勉強していなかったと思います。というか、ほとんど学校に行けてなかったような気も。よく卒業できたなと。

入山 僕も本当に不真面目な学生で、大学1、2年生のときに留年しかけていました。日吉に行くと大学に行かないでヒヨウラ(日吉駅の商店街)の雀荘に通う毎日で。徹夜麻雀に飽きると渋谷に行って遊ぶ、という大変残念な学生生活を……。

 経済なんてまったくわからない状態で経済学部に入ったけど、とにかく最初のマクロ経済の授業には出てみようと。そうしたら、先生が黒板にいきなり無差別曲線を書き出して、その瞬間に退出だよね(笑)。3年生に上がるときは絶対に留年すると思っていたんですよ。この試験をぶっちぎったら留年が決まるという試験の途中まで麻雀していたからね。「そろそろ行かなくていいの?」「大丈夫、ツモ!」とかやってたし(笑)。