2014年9月号

健康増進プログラムの知られざる投資効果

【人的管理】 心身ともに活性化することのメリットは大きい

レナード L. ベリー

レナード L. ベリー

テキサスA&M 大学 メイズ・ビジネス・スクール 教授

アン M. モラビト

アン M. モラビト

ベイラー大学 ハンカマー・スクール・オブ・ビジネス 助教授

ウィリアム B. バーン

ウィリアム B. バーン

テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター マネジャー

従業員の健康に気を配ることは、当たり前のように思える。しかし本当に職場に、一人ひとりにその意義と取り組みは浸透しているだろうか。企業として健康増進プログラムに投資するだけの見返りはあるのか。数々の調査によれば、精神衛生や医療費抑制などの直接的効果のみならず、退職率の低下や生産性の向上など、さまざまなメリットが得られることが判明した。

レナード L. ベリーテキサスA&M 大学 メイズ・ビジネス・スクール 教授

アン M. モラビトベイラー大学 ハンカマー・スクール・オブ・ビジネス 助教授

ウィリアム B. バーンテキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター マネジャー

PDF論文:12ページ[約1,592KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない