2014年9月号

いまマインドフルネスが注目される理由

一瞬一瞬を大切にすれば結果は変わる

エレン・ランガー :ハーバード大学 教授

エレン・ランガー

ハーバード大学 教授

マインドフルネスとは、惰性でいつも通りに行動するのではなく、身の回りで生じている出来事に注意を払うことによって、ストレスの軽減、創造性の発揮、パフォーマンスの向上につながるという考え方だ。マインドフルネスに関する研究は、行動経済学やポジティブ心理学などさまざまな分野に、40年近くにわたって多大な影響を与えてきた。本稿では、この分野の第一人者であるエレン・ランガー氏に、マインドフルネスであることが、私たちのパフォーマンスにどれほどの影響を与えるのか、マネジメントやリーダーシップにどのように活かされるのかを聞く。

エレン・ランガーハーバード大学 教授

PDF論文:11ページ[約1,989KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない