2014年9月号

平常心があれば集中力は生まれる

天皇陛下の執刀医は自然体であり続ける

天野 篤 :順天堂大学 教授

天野 篤

順天堂大学 教授

「手術のたびに集中力を高めているようでは、一人前の外科医とは呼べない」。天皇陛下の執刀医として日本中の注目を浴びた心臓外科医であり、これまでに6000例以上執刀して98%以上の成功率を誇る筆者はこう指摘する。一瞬の判断ミスが最悪の事態を招く心臓手術の現場では、常に集中力が求められる。では、集中力の源泉とは何か。それこそが平常心である。本稿では、58歳の現在でも年間450例以上の手術を行う医師によって、いかなる時も平常心を保つための秘訣が明かされる。

天野 篤順天堂大学 教授

PDF論文:9ページ[約1,557KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない