現在像の診断

 まず自社について正確な現在像を描く診断を行おう。

 この診断では、日本企業が持つ特徴と外資系が持つ特徴の間の「違い」と「混ざり具合」に焦点を合わせる。診断という手前、日系と外資系が一つ屋根の下で混ざった状態(症状)を「まだら模様」と呼ぶこととする。まだら模様とは、日本企業が「(さまざまな度合いで)部分的に外資化」していることを指す。具体的に言うと、個別日本企業において、人材・戦略・意思決定・組織・人事制度など組織の原理的なレベルで、日系的な特徴を持つ部分と、外資的な特徴を持つ部分が並存する状態を指す。

 どうせ診断するならビジュアル化しよう。そういえば、旧知の中央大学教授の中島豊氏が講演で、日米企業間の買収統合に取り組んだ際の経験に基づき、輪を成して走る山手線の輪を「和」にかけて山手線の「緑」で日系企業を表し、他方、同一プラットフォームの反対側で通過も含め容赦なくリニアに動く京浜東北線の「青」で外資系企業を象徴していた。そこで日系企業の特徴を「緑」、外資系企業の特徴を「青」で表すことにする。

 早速、私がなじんでいるD社を見本に取って染色(診断)すると、濃い緑=日本本社、薄い緑=アジア地域の自前の拠点、緑が少し混ざった青=欧米地域の自前拠点、青=アジアで買収したグローバル企業、真っ青=米国での買収先というまだら模様が浮かび上がる。
  


 図1の緑と青の特徴をもう少し説明しよう。

「緑」を要約するキーワードは「人的経営」である。しかも「人的」の人々が「同じようであること」を前提とした経営である。同じようである人たちが長期に雇用される中でその会社特有の文脈(コンテキスト)を形成し、その文脈が経営の根幹を形成するのでハイコンテキスト組織とも呼ばれる。

 他方、「青」のキーワードは「仕組みによる経営」である。仕組みによる経営は、「(そこに入ってくる人やそこにいる人々が)違っていること」を前提にしている。同じような人が長期に雇用されるわけではないから、緑の組織のような文脈(コンテキスト)への依存は小さくなるので、ローコンテキスト組織と呼ばれる。ローコンテキストとは裏返せばハイコンテンツで、コンテンツ(中身)を仕組み化することで初めて組織の秩序が成立する。両者の特徴はいずれまた詳しくお話しするが、緑組織にはいる人の思考・行動は緑に染まり、青組織に入る人は青に染まる。青のペンキで染まった青い人(外国人や外資系勤務者など)たちが大量に緑のペンキのプール(日本企業)に入ってくると、まだら模様ができるというわけだ。