戦略と戦術の両面で賢明かつ迅速な意思決定をするためには、長年の経験によって培われたノウハウや専門知識が欠かせない。しかし、そうした「ディープ・スマート」と呼ばれる知恵を備えたエキスパートは非常に少なく、その知恵を他の人々にわかりやすく伝え、移転することは容易ではない。本稿では、ディープ・スマートをみずから学び取る方法として、OPPTYというプロセスを紹介する。観察(Observation)、実践(Practice)、連携と協力による問題解決(Partnering and joint problem solving)、権限負担(Taking responsibility)というステップを踏みながら、ロール・モデルからディープ・スマートを体系的に習得していく。</READ><PF>Dorothy Leonard ハーバード・ビジネス・スクール、ウィリアム J. アバナシー経営学記念講座名誉教授。共著にDeep Smarts: How to Cultivate and Transfer Enduring Business Wisdom, Harvard Business School Press, 2005.(邦訳『「経験知」を伝える技術』ランダムハウス講談社、2005年)がある。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない