2014年8月号

デザイン思考でマーケティングは変わるか

IDEO、スタンフォード大学d-schoolでにわかに注目される

宮澤 正憲 :博報堂 コンサルティング局 局長 東京大学 特任教授

宮澤 正憲

博報堂 コンサルティング局 局長 東京大学 特任教授

いかに有用なインプットを得て、それをコンセプトに昇華し、アウトプットにつなげていくか。いま、IDEOやスタンフォード大学d-schoolが提唱したことで、デザイン思考は近年注目を集めている。行動観察はデザイン思考において、重要な手段として位置づけられているが、ともすればやや技術論に走りすぎる感もある。百花繚乱のデザイン思考の系譜を整理しつつ、実務家から見た本来の目的、つまりクリエイティブの手段としていかにあるべきかを考えていく。

宮澤 正憲博報堂 コンサルティング局 局長 東京大学 特任教授

PDF論文:14ページ[約2,235KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない