2010年7月号

不況後の消費者行動を予測する

過去の不況と比較し、八種類のトレンドから分析

ポール・フラッターズ

ポール・フラッターズ

トラジェクトリー パートナー

マイケル・ウィルモット

マイケル・ウィルモット

トラジェクトリー パートナー

二〇余年にわたって消費者トレンドの分析と予測に従事してきた筆者らによると、今回の不況によって消費者行動に大きな変化が生じているという。ここには、八種類の消費者トレンドの盛衰が関係している。何よりシンプル志向と倹約志向が主流になったことが大きく、これにより、好況期のような散財が影をひそめるようになった。また、現在は失速しつつあるが、環境主義や道徳的な消費は、景気が回復したあかつきには復活してくると予想される。とりわけ三五歳未満で今回の不況を経験した人々の多くでは、このような特性が当たり前になると考えられる。

ポール・フラッターズトラジェクトリー パートナー

マイケル・ウィルモットトラジェクトリー パートナー

PDF論文:10ページ[約1,243KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない