2014年8月号

エスノグラフィーが顧客の真の姿を描き出す

デジタル・データで説明できない顧客の行動原理

クリスチャン・マズビャーグ

クリスチャン・マズビャーグ

ReDアソシエーツ 顧客担当取締役

ミケル B. ラスムッセン

ミケル B. ラスムッセン

ReDアソシエーツ 欧州部門取締役

十分な市場調査と商品開発をしているのに、市場の反応の薄さや売上げの減少に頭を悩ませている経営者は多いだろう。しかし、デジタル・データに頼るだけでは真の顧客ニーズは見えてこない。なぜなら、顧客自身も自分のニーズを明確に把握していないことが往々にしてあるからだ。医療技術企業のコロプラストは、社会人類学者の力を借りてエスノグラフィーを実施し、「センス・メイキング」と呼ばれる手法によって、見事に問題を解決に導いた。本稿では、「センス・メイキング」の5つのステップを通して、顧客の行動原理を明らかにする方法を紹介する。

クリスチャン・マズビャーグReDアソシエーツ 顧客担当取締役

ミケル B. ラスムッセンReDアソシエーツ 欧州部門取締役

PDF論文:14ページ[約1,659KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない