2014年8月号

ビッグデータ vs. 行動観察データ:
どちらが顧客インサイトを得られるのか

価値提供システムで考える6つの使い分け

安宅 和人 :ヤフー チーフストラテジーオフィサー

安宅 和人

ヤフー チーフストラテジーオフィサー

顧客は何を考え、何を求めているのか。いま、顧客インサイトを得る手法としてビッグデータと行動観察が注目を浴びている。しかし、それぞれのデータに対する本質的な理解はほとんど進んでいないのが現状だ。やみくもにデータと対峙しても、有効活用できないだけでなく、誤った分析で損失を招くリスクすらある。本稿では、ビッグデータと行動観察データの違いを明確にしたうえで、ビジネスにおける6つの場面に応じたそれぞれの使い分けが明らかにされる。「ビッグデータは定量、行動観察データは定性」という単純な比較からは見えてこない、データ活用の本質を解き明かす。

安宅 和人ヤフー チーフストラテジーオフィサー

PDF論文:14ページ[約2,333KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない