グローバル化を乗り切る
次代のリーダーはそこにいる

 では、その変革を推進するのは誰だろうか? 卓越した政治家か、カリスマ経営者か、それとも外圧か。

 いや、他でもない。それは、「皆さんの組織の中にいる人」である。

 優れた潜在能力を持ち、現状に危機感を抱き、未来を見据え、果敢にチャレンジしていこうとする有為なタレント(卓越した能力を有する人材)が、皆さんの組織の中に必ずいるはずだ。

 マーケット自体が成長しているときは企業もその時流に乗り、比較的容易にビジネスを拡大できる(Easy Growth)。それに対し、成長が頭打ちになったとき、創意工夫を施して成長する(Smart Growth)のが本当に強い企業で、それを実現するのが「スマート・グロース・リーダー」である、と私は考えている。

 イージー・グロース(安易な成長)の時代に対して、われわれが今、直面しているスマート・グロース(機知に基づく成長)の時代の大きな違いは何か。次の表は、それを比較したものだ。

写真を拡大
出所:コーン・フェリー資料

 私が日本のスマート・グロース・リーダーだと思う人物を2人挙げたい。