2014年7月号

ダッバーワーラー:インドで根づくITを超えた物流システム

1日13万個の弁当配達はいかになされるか

ステファン・トムク :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ステファン・トムク

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

インドのムンバイ市では約5000人のダッバーワーラーと呼ばれる配達人が、1日13万個以上の弁当箱を運ぶ。読み書きもあまりできないダッバーワーラーたちが、ほとんど自己管理で、ITシステムどころか携帯電話さえ使わずに連日配達を行うが、手違いはきわめて稀である。彼らのサービスへの信頼性はもはや伝説となっており、1890年に開始されて以来、現在に至るまで続いている。中心人物もいない労働者の集団が、なぜこれほど素晴らしい仕事ぶりを発揮するのか。その成功の秘訣であるシステムについて論じる。

ステファン・トムクハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:10ページ[約1,838KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない