2014年7月号

DARPAの全貌:世界的技術はいかに生まれたか

アメリカ国防総省 国防高等研究計画局のイノベーション

レジナ E. デュガン

レジナ E. デュガン

元 国防高等研究計画局 長官

カイガム J. ガブリエル

カイガム J. ガブリエル

元 国防高等研究計画局 副長官

アメリカ国防総省 国防高等研究計画局(DARPA)は、半世紀以上もの間、圧倒的なイノベーションを創出してきた。インターネット、RISCコンピューティング、全地球測位システム(GPS)、ステルス技術、無人飛行機(通称「ドローン」)、微小電気機械システム(MEMS)──その先進的な研究活動は、それぞれのちに数十億ドル規模の産業を創出したほどである。これは特殊な例だろうか。実は官民を問わず、ブレークスルーを生み出し続ける組織をつくることは可能である。

レジナ E. デュガン元 国防高等研究計画局 長官

カイガム J. ガブリエル元 国防高等研究計画局 副長官

PDF論文:14ページ[約1,176KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない