2014年6月号

ラグジュアリー・ブランドの買収はグループの戦略に従う

躍進するケリング・グループの戦略

フランソワ=アンリ・ピノー :ケリング 会長兼CEO

フランソワ=アンリ・ピノー

ケリング 会長兼CEO

2013年にPPRから社名変更したケリングは、グッチやボッテガ・ヴェネタを抱える世界的ブランド・グループである。2005年にCEOに就任したフランソワ=アンリ・ピノーは、同社をフランスのコングロマリットから世界的なブランド王国へと躍進させた。多くのブランドを買収してきた同社はどのような基準で買収を決め、自社が持つブランドとのシナジーを実現してきたのか。CEOみずからがこれまでの軌跡と、将来のビジョンを語る。

フランソワ=アンリ・ピノーケリング 会長兼CEO

PDF論文:8ページ[約1,380KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない