2014年6月号

IMF専務理事が語る女性リーダーの強さ

危機をチャンスに変える

クリスティーヌ・ラガルド :IMF 専務理事

クリスティーヌ・ラガルド

IMF 専務理事

クリスティーヌ・ラガルドは2011年、前任者ドミニク・ストロスカーンのスキャンダルで揺れるIMF(国際通貨基金)の専務理事を引き継いだ。フランスの著名な政治家で、国際的な法律事務所ベーカー・アンド・マッケンジーの経営を担ったこともあるラガルドは、IMFの文化を変えようとする一方で、ヨーロッパの債務危機や世界的な景気低迷にも立ち向かっている。リーダーの条件、女性とリーダーシップの問題、IMFの改革とその未来などさまざまな観点からHBR誌編集長、アディ・イグナティウスが聞いた。

クリスティーヌ・ラガルドIMF 専務理事

PDF論文:8ページ[約1,380KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない