2014年6月号

組織の一体感と個人の成長を両立させる法

世界有数の資産運用会社ブラックロックに学ぶ

ダグラス A. レディ

ダグラス A. レディ

ノースカロライナ大学チャペルヒル校ケナン=フラグラー・ビジネス・スクール 教授

リンダ A. ヒル

リンダ A. ヒル

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ロバート J. トーマス

ロバート J. トーマス

アクセンチュア・ストラテジーのマネージングディレクター

世界有数の資産会社であるアメリカのブラックロックは、多くの同業他社が業績不振に陥るなか、成長路線を突き進んだ。その成長を陰で支えたのは優れた人材戦略だった。全社一丸となる意欲と目的意識を生み出しながらも、同時に潜在能力の高い人材が個人として成功することも可能にしている。本稿では同社の事例を基に、経営トップが人材戦略に深くコミットする、社員が会社に積極的に関わっていこうとする従業員エンゲージメントを高める、リーダーが次のリーダーを育てるなど、高業績を上げる企業の人材戦略の特徴について論じる。

ダグラス A. レディノースカロライナ大学チャペルヒル校ケナン=フラグラー・ビジネス・スクール 教授

リンダ A. ヒルハーバード・ビジネス・スクール 教授

ロバート J. トーマスアクセンチュア・ストラテジーのマネージングディレクター

PDF論文:11ページ[約2,496KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない