2014年6月号

「関わり合う職場」が生み出す力

3つの行動をマネジメントする

鈴木 竜太 :神戸大学大学院 教授

鈴木 竜太

神戸大学大学院 教授

人々が関わり合いながら仕事を進めることが多い職場は、相互に助け合うこと、ルールや秩序を守ること、自律的に創意工夫することを促進し、それが組織の強さや高業績につながる──こう述べると、以前の集団主義的な日本的経営、あるいは仲よしクラブ的な職場を思い浮かべる人も多いかもしれない。しかし、本稿で論じられている「関わり合う職場」は、現場レベルのマネジメントを重視し、異質の価値に対して寛容な開放的なコミュニティを目指す点で、それらとは異なる側面を持っている。「関わり合う職場」はいかにして生まれるのか。それは組織の強さとどうつながるのか。

鈴木 竜太神戸大学大学院 教授

PDF論文:10ページ[約782KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない