企業は世界の中心ではない

 最後に、あらためて「売れ続ける仕組み」について触れておきます。

藤田 康人
(ふじた・やすと)

株式会社インテグレート代表取締役CEO
味の素株式会社を経て、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)の設立に参画。1997年にキシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。この結果、ガムを中心とするキシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。2007年、IMC(統合型マーケティング)プランニングを実践するマーケティングエージェンシー 株式会社インテグレートを設立。4冊目の著書『THE REAL MARKETING .F N/売れ続ける仕組みの本質』(宣伝会議)を発刊。

 私は常々、マーケターとはビジョナリストであるべきだと考えてきました。その事業や商品が誰に価値をもたらし、それが広がることでどのような世の中になり、どのように人を幸せにしていけるのか、という明確なビジョン。さらに、そのビジョンを実現することで、社内の商品開発、営業、加えて流通企業といったすべてのステークホルダーが幸せになるストーリーを描くこと。その2つが、ビジョナリストであるマーケターに必要なことです。

 今回の連載を通じて伝えたいメッセージは「企業は世界の中心ではない」ということです。あくまで消費者オリエンテッドであるべきです。競合との差別化はもちろん重要ですが、差別化によって本当に消費者が幸せになれるのか?を問うていくべきです。

 ストーリーを各ステークホルダーの立場に置き換えて調整し、最終的に皆が幸せになるストーリーに落とし込んで提案するのがマーケターの役割です。関わる人たちすべてがメリットを享受し、幸せになることがわかれば、推進力は一気に加速します。

「売れ続ける仕組み」とは、その商品やサービスに関わる全員が幸せになるビジョンとも、言い換えることができます。社内外のステークホルダーが幸せになるストーリーを描いたときに、そのストーリーのなかに「自社あるいは自社の製品の居場所が本当にあるのか」を繰り返し問い直していくことが大事です。

 マーケティング・ストーリーとは、この社会のなかに、企業や商品が、社内外のステークホルダーとともにwin-winの関係を構築できる居場所を作っていくことに他なりません。

 

【連載バックナンバー】
第1回 売れ続けるために必要なのは、マーケティング・ストーリー
第2回 消費者の「欲しい」と「買う」には大きな隔たりがある
第3回 マーケティング・ストーリーをつくるには、競合も巻き込め 第4回 マーケティング・ストーリーをつくるのに製造部門も巻き込め