2014年5月号

データの品質管理はIT部門に任せるな

品質改善のカギは部門間コミュニケーションにある

トーマス C.レッドマン :ネーブシンク・コンサルティング・グループ 社長

トーマス C.レッドマン

ネーブシンク・コンサルティング・グループ 社長

信頼性の低いデータを使った分析結果は見向きもされない。そのため、いかにデータの品質を高めるかが問われている。データ活用に関するコンサルティング業務を行う筆者は、その責任はデータを管理するIT部門ではなく、データを作成する事業部門にあると説く。なぜなら、データの品質は作成した瞬間に決まり、IT部門にはデータ作成における業務プロセスを改める権限がないからである。本当に改善を求めるならば、そうした部門の壁を超えてでも改善に乗り出す、強いリーダーシップが必要とされる。品質の低いデータによって企業の利益がどれほど損なわれるかを、マネジャーは心得るべきである。

トーマス C.レッドマンネーブシンク・コンサルティング・グループ 社長

PDF論文:8ページ[約1,049KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない