2010年12月号

自信家の部下の個性を伸ばす〈1〉

論語の「上司」論 【第2回】

齋藤 孝 :明治大学 文学部 教授

齋藤 孝

明治大学 文学部 教授

そこそこ優秀であるがゆえに、同僚や後輩を見下したり、自分の主張を押し通そうとしたり、部署の方針に異論を唱えたりと、かえって組織の鼻つまみ者になってしまう部下がいる。彼らのような「自信家」は、本来有能である。ならば上司としては、その能力を使わない手はない。さらに言えば、「有能な自信家」の能力を組織のために生かすようにさせるのが、上位者の務めでもある。彼らに、自分に足りないスキルを自覚させるには、ちょっとした工夫が必要だ。今回と次回の2回にわたって、自信家の部下の欠点を長所に変えるのに効く『論語』の言葉の数々を紹介する。

齋藤 孝明治大学 文学部 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない