2014年4月号

ビジネスモデル全史

イノベーションと持続的競争優位のための戦略コンセプト

三谷 宏治 :K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授

三谷 宏治

K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授

「ビジネスモデル」という言葉はいまだ定まった定義がなく、使う側も無定義のまま使っている場合が多い。本稿では、ビジネスモデルを「旧来の戦略的フレームワークを拡張するためのコンセプトセットであり、その目的はビジネス環境の多様化・複雑化・ネットワーク化への対応である」と定義する。そして、その使われ方がどのように移り変わってきたか、1期から3期に分類する。現代の経営戦略論が直面する2つの問い「イノベーションをどう起こすのか」「持続的競争優位をどう保つのか」にビジネスモデルは答えを出せるのか。その歴史をひも解きながら考える。

三谷 宏治K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない