2010年12月号

情報の洪水に対処する法

複合的対策で社員を救う

ポール・ヘンプ :ハーバード・ビジネス・レビュー コントリビューティング・エディター

ポール・ヘンプ

ハーバード・ビジネス・レビュー コントリビューティング・エディター

知識経済において情報は、最も価値あるコモディティとなった。十分すぎる情報は、時に役に立たず負担にもなる。だからといって、情報過剰を嘆くのは、もうやめるべき時ではないか。 続々と開発される新しいテクノロジーが、個人と組織の生産性を最大化し、コストを最小化する一助となる。しかし、みずからの習慣や企業文化の変革も必須であり、避けては通れない。さらに情報過剰を管理するために参考にできるテクニックは際限なく存在し、多くは簡単に手に入るが、それらのうちの一つだけですべてが解決できるというものはない。情報過剰の問題はそもそも多面的であり、複合的な解決策が必要なのである。 本稿では、この分野における最新の研究を基に、いかに個人と組織にライフラインを提供するかを探る。

ポール・ヘンプハーバード・ビジネス・レビュー コントリビューティング・エディター

PDF論文:14ページ[約1,570KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない